オムロンの公式オンラインストア 
付属品・消耗品・パーツもお取り扱いしています

 

電子体温計

電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」

  • NEW
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」
  • 電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」

価格 ¥8,800(税込)

電子体温計 MC-6810T2 けんおんくん「予測式」

  • NEW

価格 ¥8,800(税込)

個数

在庫あり

オムロンコネクトアプリをご利用になる場合は、対応するスマートフォンとOMRON connectアプリ(無料)のインストールが必要です。

対応するスマートフォンの機種・OSバージョン一覧はこちら



●測定方式や正しい使い方に関する説明は下記をご覧ください。

測定方式や正しい使い方

●オムロンの体温計は電池交換ができます。
 交換方法については下記をご確認ください。

体温計の電池種類と交換方法

JANコード

4975479426094

本体質量
(単位:g)

30g

電池を含む

外形寸法
(単位:mm)

幅:32.6mm

高さ:122mm

奥行:16.6mm

幅32.6×長さ122×厚さ16.6mm

個装箱外形寸法
(単位:mm、重さはg)

電源

DC 3V(リチウム電池CR2032×1個)

付属品

お試し用電池(CR2032×1個、内蔵)、収納ケース、セットアップガイド、取扱説明書(医療機器添付文書・品質保証書付き)

医療機器認証番号

303AGBZX00094000

医療機器分類

管理医療機器

その他の特徴

メモリ:30件※(本体表示は前回値のみ)
※ 実測で測定した場合。
予測のみで測定した場合は最大60件。

商品仕様・スペック

閉じる

商品特徴

体温は1日のなかで変動してます。

人には朝・昼・夜と、24時間単位の体温リズム(概日リズム)があり、一般的に朝がもっとも低く、夕方にかけ徐々に上がって行き、夜にかけて徐々にまた下がっていきます。 ※1日の体温の差は個人差がありますがほぼ1℃以内です。

実測式と予測式の違い

「予測式」とは?

【実測式と予測式の違い】「予測式」とは?

平衡温(測定部が
体の内部と同じくらいになった温度)を
短時間で分析・演算した値を表示する方法。
(オムロン独自で収集した
体温上昇データをもとに計算)
測定開始からの温度と温度変化を、
体温計に伝わっていく温度の上がり方の情報を
もとにして、計算し測定結果を表示する。
口中用、わき下用と
それぞれ専用の計算式を使っています。

予測測定終了後もそのまま測定を続けると、
実測式に切り替わります。

実測式と予測式の違い

「実測式」とは?

【実測式と予測式の違い】「実測式」とは?

測定部位と
その時の温度を測定し、表示する方式。
一般的に実測式体温計の場合正しく測るには、
わきで約10分(口中で約5分)の時間が
必要です。ブザーがある機種は、温度上昇が
ほとんどなくなったという
タイミングを捉えると10分(口中5分)よりも
早く検温終了ブザーが鳴ります。

測定時間について(実測と予測の違い)

【測定時間について】(実測と予測の違い)

オムロンの予測式体温計は測定時間が
終了しても、そのまま
測定をつづけると実測測定ができます。

わき(腋窩温)
平衡温まで
10分以上必要
口中(舌下温)
平衡温まで
5分以上必要
耳(舌下温)
平衡温まで
約1秒
(オムロン耳式は最短1秒、最長10秒間)

正しい測り方

■わきの正しい測定方法

こもった熱を冷ます
■こもった熱を冷ます
・熱がこもると高めの値になるため、乾いたタオルなどで拭きましょう。
・長時間布団にはいっていたり、厚着をしていると熱がこもりやすいので、注意しましょう。
・濡らしたタオルで拭いてしまうと逆に皮膚温を下げてしまうため注意しましょう。
汗をしっかり拭き取る
■汗をしっかり拭き取る
・特にお子様は汗をかきやすいため、注意しましょう。
■肘をわき腹に密着させる
・密閉するようにしっかり閉じましょう。
・お子様を検温をする場合は腕を軽く押さえましょう。
・手のひらを上向きにするとわきがしまりやすいです。
体温計が動いたり、ずれないよう注意
■体温計が動いたり、ずれないよう注意
・体温計を持ちながら測るとあたっている部位が分かりやすくなります。
・体温計によって予測測定時間は異なるが、実測検温する場合は10分測定しましょう。